三角折は諸説あり?!

皆様は時折、トイレットペーパーが三角折されている光景を見たことはないですか?

「トイレットペーパー 三角折」などで調べてみると起源のお話などがでてくるのですが、中には「ファイヤーホールド」などという言葉が出てきました。

調べてみると、アメリカの消防士がいざという時に早く出動できるよう、トイレットペーパーを折って取りやすくしていたことが起源とされています。
しかしながら、欧米のトイレットペーパーは切り口が手前ではなく奥にあることが多いのでこの説の信憑性はあまり高くないかもしれません。

その他諸々諸説あり

その他にも銀座のホステスから始まった説や、ホテルの清掃員が、清掃完了の合図として用いた説など様々あり、それらが一時民間に広まっていったようです。ただ、現在では不衛生との視点より、従業員や清掃員以外が三角折することはどちらかというと遠慮されているようですね。

関連記事

  1. 自分の住んでいる地域を知っておこう【防災学習・防災マップ】

  2. ミクロの世界をのぞいてみませんか?

  3. 新年度よりいよいよプログラミング教育スタート!

  4. 肩ミノ、いえいえ焼肉ではありません。『カタミノ』教材なんです。

  5. 割らない!付かない!安心感!

  6. 卵と玉子