11月5日は何の日?

皆さんは「11月5日は何の日?」と言われて、答えることができますか?
実は11月5日は日本が提案した「世界津波の日」として国連で決議されたものなのです。

世界津波の日について

平成27年12月23日(現地時間22日),ニューヨークで開催中の第70回国連総会本会議で「世界津波の日」を定める決議がコンセンサスにより採択されました。
この決議は,第3回国連防災世界会議及び持続可能な開発のための2030アジェンダのフォローアップとして,我が国をはじめ142か国が共に提案(PDF)別ウィンドウで開くしたもので,11月5日を「世界津波の日」として制定するものです。この決議により,津波の脅威について関心が高まり,その対策が進むことが期待されます。(外務省)

なぜ11月5日なの?

11月5日を指定することは,1854年11月5日に和歌山県で起きた大津波の際に,村人が自らの収穫した稲むらに火をつけることで早期に警報を発し,避難させたことにより村民の命を救い,被災地のより良い復興に尽力した稲むらの火の逸話に由来する。(外務省)
とのこと。何と日本由来のものなのですね。

ちなみにこちらは「津波フラッグ」と呼ばれる津波の旗。海水浴場などで、津波を知らせるものです。皆さまも海水浴場でこの旗を見かけたら速やかに避難しましょう。

関連記事

  1. 入学準備!ふかふかの防災頭巾を揃えよう【ライフザックショップで】

  2. 苦難を乗り越え、卒業していく。

  3. 東京マグニチュード8.0

  4. 学校備蓄の取組み

  5. 学校備蓄用7年保存クッキー

  6. 学校と防災備蓄