ペルチェ素子で自作クーラー??

皆さんは「ペルチェ素子」というものをご存知ですか?

こんなものです。
これがまた非常に面白いもので、ゼーベック効果などの難しいお話はわかりませんが、簡単に説明すると
① 温度差で電気を発生させる
② 電気から温度差を発生させる
という面白理科実験素材です。

このような手回し発電機を繋げて回すと、片面が暖かくなり、もう片面が冷えるというもの。逆に、片面に氷、もう片面を暖めることで発電し、モーターを回したりすることもできます。車載用のポータブル温冷庫に使われていたり、自作クーラーなどを作っている人もいました。

こんな使い方もあった!熱中症対策グッズ

面白素材だけどなかなか良い使い道が見つけづらいペルチェ素子、最近ではこの冷却効果を使ったネッククーラーなども販売されているようです。確かに冷却面を首元につけていれば風こそふきませんが、とても涼しそうですね。もう9月なのでそろそろ猛暑も落ち着いてきてほしいところです。

関連記事

  1. 高齢化社会の今、教育現場でも高齢者の気持ちになれる教材が人気です。

  2. 初詣、神社・お寺の参拝方法は違う?

  3. 肩ミノ、いえいえ焼肉ではありません。『カタミノ』教材なんです。

  4. 時代はヒアリングからスピーキングへ

  5. 計測簡単!はさんで測る優れモノ

  6. ピアノが持ち運べる⁈どこでも簡単シリコンピアノ!