毒キノコ ベニテングダケ

最近は気温も高くなってきて夏を肌で感じるような時期になってきたかと思います。

夏言えば海や山というのが定番かと思いますが、

皆さんは山に生えているベニテングダケというキノコをご存知ですか?

見た目は美しい赤色で、見方によっては絵本の世界に出てくるような可愛らしい見た目をしていますが

俗に言う毒キノコで、誤って食してしまうと嘔吐、下痢などの消化器系の中毒症状や筋肉の痙攣、一時的な精神の錯乱などが起こるとされています。

一応毒抜きの方法があり食べる事も可能らしいのですが、100%安心という訳では無いらしいので念のためにここでは毒抜きの方法は割愛させて頂きます。

さてこのベニテングダケですが、毒抜きをしないとなんとも美味しいらしく1度でいいから食べてみたい!という噂があるらしく(真偽は定かではありませんが)興味本位で食べてしまう人が中にはいるらしいです。少し前の時代では河豚が同じような事例としてあり、今でこそ出回っている河豚のほとんどは毒抜きがされて安全な物かと思いますが、以前は毒抜きがきちんとされていない代わりに安価な河豚が入手出来ていた事があるらしく、貧困層と呼ばれる人達が1度でいいから河豚を食べてみたい!という願望に勝てず食べてそのまま亡くなってしまうという事案もあったそうです。

好奇心が人を殺すとはよく言ったものだなと思いますが、勿論味の感じ方なんて人それぞれですし、そんな曖昧な噂を真に受けてこれから夏や秋にかけて山でキノコ狩りをしようとしている人達が周囲にいたら是非とも注意喚起して頂きたいなという記事でした。

 

 

関連記事

  1. 人間の不思議(ヒトはどこからやってきたのか)

  2. 水星の謎

  3. 時間を大切に、、昔は一日○時間??

  4. 眼の進化

  5. 地球平面説~フラットアーサーとは??~

  6. 理科実験には「安全めがね」の着用を!