「予祝」ってなに?

皆さんは予祝って聞いたことありますか?文字通り予め祝うことなのですが、言わば日本古来から伝わる引き寄せの法則みたいなものです。科学技術が進歩し、物質主義な現代において「引き寄せの法則」とか言われてもうそ臭いし、信じられないといった方々も多いのでは無いでしょうか。

予祝を実践して成功している人

ただ、予祝を日々実践して成功を収めている有名人も多いと聞きます。羽入結弦さんはソチオリンピックに向かう飛行機の中で何度もメダルをとったことをイメージして号泣されていたそうです。また、長島重雄さんも天覧試合の前日、当時スランプだった長島選手は駅の売店でスポーツ新聞を買占め、全てに大きく「さすがゴールデンルーキー、歴史に残る一発だ!」と書いて祝い、当日見事なさよならホームランを打ちました。ソフトバンクの孫正義さんも大きなプロジェクトの前には必ずガッツポーズで喜んでから取り組むそうです。

実は、皆さんも実施している予祝

そりゃ、成功した人がたまたま、、と思うかもしれませんが、実は皆さんもしょっちゅう予祝をしています。代表的なのがお花見。今は「きれいな桜をみて、飲んで食べて」が基本コンセプトになりがちですが、そもそもは舞い散る桜の花びらをお米に見立てて、お米で出来たお酒で秋の豊作を事前に祝う行事なのです。また、夏の盆踊りも稲穂が垂れるような踊りで秋の豊作を盛大に祝っているのです。そもそもお正月に一年の願いを祈ること自体も予祝のようなものですね。

日々のルーティンに取り入れてみる

私は毎朝、エストレッチングポールというストレッチポールに5分間寝そべりストレッチをしています。その際に両手を挙げ万歳のポーズをしているのですが、どうせ万歳のポーズをしているのであれば今日一日を予祝しようということで「今日も一日よくやったー!」と心の中でつぶやいています。だから何が起きているわけでは無いのですが、「今日もいそがしい」「今週も憂鬱」「あの仕事めんどいけどそろそろ取り組まなくちゃ」と思って始まる一日よりは良い一日になるような気がします。

関連記事

  1. 節分といえば恵方巻。今年は西南西。恵方巻作る時に欠かせない。

  2. 割らない!付かない!安心感!

  3. 水の大切さと環境を考える【上下水道教材DVD】

  4. やっぱり「音楽」って楽しい!

  5. 「非常用トイレ」使い方知ってますか?グループ学習に

  6. 新年度よりいよいよプログラミング教育スタート!