月は人口物だった?!

皆さん、5月7日は絶好の「フラワームーン」が観測できるということでStayHomeの中でも家の中から夜空を見上げた人は多いのではないでしょうか?アメリカやイギリスなどの英語圏では、満月に月ごとで違う名前がついており、5月の満月はフラワームーンと呼ばれます。ウェザーニュースによれば、アメリカの先住民族が季節を把握するために、各月に見られる動植物などの名前を満月につけていたのが由来だそうです。5月は花が咲き誇る季節のため、フラワームーンと命名されています。

~月はどうやってできたのか~

月は地球同様、ビッグバン移行多くの隕石がぶつかり合ってできた「親子説」や「兄弟説」、火星クラスの星がぶつかってできたジャイアントインパクト説など様々あり、また、遠くからやってきた月がたまたま地球の引力に引っ張られて衛星になった「他人説」など様々な説があります。

しかし、以下の理由により上記の説では説明がつかない点が

・月は他の星の衛星と比べてあまりにも大きい
・月の岩石を調べたら地球より古い53億年前のものが発見された
・自然界に存在しないチタンが地球の10倍ほど存在する
・表面が硬く、内部は軽い(空洞である可能性がある)
・表面には多くのクレーターが存在するが全て浅い

前回の地球平面説でも書きましたが、地球から月と太陽の距離は約400倍、月は太陽の約1/400の大きさ(故に皆既日食となる)だったり、完璧なまでに地球とシンクロして同じ面のみ地球に面している等々、これらのことから、月の中は空洞で表面は硬いチタンでコーティングされ、遥か遠くからやってきた人口惑星で、数多くのクレーターはその移動の中でできたもの=「月は宇宙船説」というぶっ飛んだ説がガチの学者より唱えられているとか。

その他にもGoogleMoonでピラミッドが見つかったりと大分ミステリーな月。地球にとってはなくてはならない存在ですが、まだまだわからないことだらけ。
月への旅行ができるようになったら是非とも入ってみたいものですね。

 

関連記事

  1. 【7月4日に惑星直列?】

  2. アインシュタイン?マリリンモンロー?

  3. フクロウは360度見回せる?!

  4. マイナス120度でも死なない生物が!!

  5. インタラクティブ地球儀スフィア

    インタラクティブ地球儀スフィア

  6. アスパラガスを食べた後はおしっこが臭い??