健康にいいお風呂のはいりかた

あったかいお風呂。

お風呂好きな人も多いかと思います。

今回は健康的な入浴のしかたをお話しします。

最適な温度は40度から42度。

42度以上の温度は血管を痛めてしまうのでこの程度がおすすめです。

お湯に浸かるのは10分程度が最適とされています。

これ以上の長時間は脱水症状を起こしたり、

保湿成分が失われて肌が乾燥してしまったりすることがあるので注意です。

食後や運動後の入浴は1時間程度空けてから湯船に浸かってください。

また、よい睡眠のためには寝る2時間以上前の入浴がいいです。

入浴中は湯船に浸かりながら体をマッサージするのもいいですよ。

毎日の健康や疲労回復、リラックスのために充実したお風呂の時間を過ごしましょう。

関連記事

  1. 乾燥知らずの手を目指そう!

  2. 痛い「ささくれ」 冬に多いのはなぜ?

  3. うがいの効果と正しいうがい

  4. まだまだ暑い残暑!熱中症対策品 「キリラ」のおすすめ

  5. セルフメディケーションという考え方

  6. インフルエンザ