鼻毛

鼻毛の役割

鼻毛の役割は何でしょう?
突然聞かれてもと思う方もいるかもしれません(笑)
真面目な話、結構重要な役割があります。(以下の3点)

1.ゴミ・ウイルス等、異物の侵入を防ぐ
鼻呼吸をした際、空気中に存在するゴミ(ほこり)・ウイルスが体内に侵入するのを防ぐフィルターの役割があります。
鼻毛があれば、吸い込まれた異物が鼻毛に引っかかり、体内に入ってきません(完璧ではないですが)。
また、鼻毛に引っかかった異物は、鼻水に混ざって鼻の外へと排出されるようになっています。
鼻水が少ない人もいると思いますが、それは鼻水が乾燥して鼻糞となって固まっているだけですので、その鼻糞を取り除けばOKです。

2.鼻の中の乾燥を防ぐ
鼻の中を一定の温度・湿度に保ち、乾燥を防ぐ役割があります。
近年、空調の発達により冬でなくてもあらゆる場所で空気が乾燥気味です。
この状況下では、鼻の奥にある粘膜が乾いてしまい、「ドライノーズ(乾燥性鼻炎)」と呼ばれる状態になってしまいます。
ドライノーズになると、鼻の中が乾燥することでムズムズ・ヒリヒリ感を感じたり、線毛運動(鼻毛が一定方向になびいて
異物を送り出す働き)が低下し、ウイルス等が排出されにくくなり、鼻炎や感染症などの症状が起きやすくなります。
鼻毛はこのような状態を防ぐため、鼻呼吸時に水蒸気で湿らせ、鼻の中を加湿しています。

3.ニオイを感じる
鼻毛のなかには「嗅毛(きゅうもう)」と呼ばれるニオイを感知する毛が存在し、ニオイを感じとる役割もあります。
更に、鼻の奥にはニオイ物質を感知する粘膜「嗅上皮(きゅうじょうひ)」があり、嗅上皮の上に「嗅毛」が生えています。
嗅毛には嗅覚受容体というニオイセンサーが備わっていて、ニオイ物質を捉えるとその種類を判別して脳に伝えます。

鼻毛は処理しても平気?

このように鼻毛は意外と大切な存在です。
「むやみに抜いたり、切ったりしちゃダメなの?」と思う方もいるかもしれません。
結論として、鼻の入り口付近の毛は処理してもOKです。
⇒鼻の奥にある鼻毛まで抜きすぎたり、切りすぎたりすると、鼻毛の重要な機能を損なってしまうので要注意!

鼻毛カッターやブラジリアンワックスで身だしなみ?を整えるのも良いですが、
処理の目安は、入り口から1㎝程度まででお願いします。

関連記事

  1. ウイルスはどこからやってくるの…??

  2. 健康にいいお風呂のはいりかた

  3. 冬は白菜で健康効果

  4. 適した消毒液を使いましょう

  5. 医薬品の種類・分類

  6. 七草がゆの効果