消毒用アルコール

消毒用アルコールの値段の違いは何故?

お店で売られている「消毒用アルコール」ですが、
モノによって値段がマチマチなのはご存知ですか?
濃度は殆ど変わらず、勿論内容量も同じですが、数百円違うものがあります。
何故でしょう???

その差はずばり税金です。

酒税がかかるか否かで違いがでてきます。
⇒簡単に言うと、飲めるアルコールには高い税金がかかります。

飲めない消毒用アルコール(安いもの)には添加物が加えられています。
⇒イソプロパノールという添加物です
勿論飲めないようにしているので、飲んではいけません!
この添加物の有無により値段が変わってきますが、殺菌効果はほぼ変わりません。
添加物に抵抗がある方は、高い(添加物無し)商品をオススメしますが、消毒という目的に限っていえば、
添加物が入っていてもいなくても(高いほうでも安い方でも)変わらないということです。

関連記事

  1. パンデミック

  2. 文化祭シーズンの感染予防対策に!「メディシュッシュ」

  3. 適した消毒液を使いましょう

  4. 目の疲れ

  5. 薬の年齢制限?!

  6. 貧血対策