冬は白菜で健康効果

たまにブログでご紹介する食べ物で健康シリーズ!

冬といえば、、、旬な白菜。

今回は白菜から得られる健康効果をご紹介します。

白菜は、精進料理では冬の養生三宝と言われ、

豆腐・大根と並び冬に食べたい食材として挙げられます。

胃などの消化器系によいとされ、お肌にいいビタミンC、整腸作用のある食物繊維も含まれます。

白菜は9割方水分でできているともいいますが、残りの1割には栄養成分が詰まっています。

しかし、ビタミンCなどは熱に弱く、加熱すると壊れてしまうとも言われます。

そのため、鍋などに使用する場合は長時間煮こまず食感が残る状態で食べきるのがよいです。

また、鍋やスープで煮込んだ場合は栄養が汁にも流れ出しているので

汁までしっかり飲み干すのがおすすめです。

また、火にかけなくてもサラダや漬物にして食べるのもよいでしょう。

旬の食べ物を使ってたくさん食べて、

冬を乗り切る力や健康効果を得て元気に過ごしましょう!

関連記事

  1. 七草がゆの効果

  2. プラセボ効果

  3. 足が冷たい!あっためるには、、、?

  4. ぱっくんパンダでエチケット上手!

  5. 鼻毛

  6. 文化祭シーズンの感染予防対策に!「メディシュッシュ」