風邪と熱

発熱するのは何故?

発熱するのは体の中でウイルスと免疫細胞が戦っている証拠です。
体温を上げることで免疫機能を活性化させ、ウイルスへの攻撃力を高めています。
ウイルスに感染すると、免疫機能を活性化させるために、脳にある「体温を調整する機能」が作用し高い体温に設定します。
それにより、脳から体に発熱するように指令が出されるのです。
悪寒がして震えるのは、熱が出る時に筋肉を震えさせて熱を生み出すためです。
⇒強いウイルスに感染したときほど、体温は高く設定されると考えられています。
よって、風邪よりインフルエンザの方が高熱になるのです。

体温は上げたほうが良いの?

風邪をひいて発熱することは、体の自然な反応です。
ただ、実際に高熱となると体力を消耗し辛いものです。
本来、ウイルスと戦っている免疫細胞を活性化させるための発熱ですが、高温が続くとその発熱で激しく体力を消耗してしまいます。
そこで、風邪を長引かせないようにするためには、上手く体温を上げることが重要です。
体温が上昇すると免疫力が活性化されるため、風邪のひきはじめの段階で体を温かくし免疫力を上昇させれば、
ウイルスが体内深くに侵入し脳の体温の調整機能が発熱を促す前に、ウイルスを撃退することができます。
悪寒など、体の異変を感じたら、身の回りを温かく保ちましょう。
体を温めてくれる『葛根湯』などの漢方薬もかぜの初期症状に効果があります。
ときに、漢方薬に頼ることも効果的なかぜの治し方と言えるでしょう!

関連記事

  1. コロナウイルスでリスクのある薬

  2. ウィルスの撃退方法(昭和的な考え)

  3. 七草がゆの効果

  4. きのこの力

  5. 正しい手洗い、できていますか?

  6. インフルエンザ予防接種の有効性

カテゴリー

    最近の記事

    1. 2020.06.29

      次亜塩素酸水