七草がゆの効果

1月7日に七草がゆを食べる風習は、ご存じかと思いますが
みなさまは召し上がりましたか?

五節句のうち、人日(七草の節句)に食べるのですが
お正月の美味しいごちそうやお酒で疲れた胃腸を休めたり
春、雪の下から芽吹いた若草を食べて無病息災を願う意味で食べる七草がゆ。

 

白粥を炊き、細かく刻んだセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロを入れて塩味で味を整えて
できあがり。
この7種の野菜は、冷え予防、便秘、内臓の回復、鎮痛作用や整腸作用、風邪予防などの効果がありますので
是非おすすめです。
最近は、スーパーなどで七草のセットが販売していますから便利ですね。

今年は、年始から風邪をひいてしまい辛いお正月だったので
来年は、食べてみようかな。七草がゆ

関連記事

  1. 医薬品の用法・用量とは・・・

  2. セルフメディケーションという考え方

  3. 消毒用アルコール

  4. 栄養たくさん「きのこ」

  5. 次亜塩素酸水

  6. 温泉効果と注意事項

カテゴリー

    最近の記事

    1. 2020.06.29

      次亜塩素酸水