ジェネリック医薬品

明けまして
おめでとうございます。
本年も ”三和のブログ” を宜しくお願い申し上げます。

年末年始のお休みで心も体もリフレッシュ!!のつもりでしたが
年頭から風邪をひいてしまいまして
病院へ行き、調剤薬局へ処方箋を出して待っていると・・・

ニコニコした薬剤師さんが
「ジェネリックにしますか?」と尋ねてきました。
??? 処方箋通りに出してくれていいのだけれど・・・
まぁ、どちらでもいいと思って「じゃ、ジェネリックで」と。

暫くして
お会計になって、ビックリ!!
7日分のお薬代が、580円
処方箋通りの風邪薬と比べて、とても安かったので疑問に思いました。

ジェネリック医薬品は、なぜそんなに安く購入できるのでしょうか?

それは、開発した製薬会社の特許期間が過ぎてから、別の会社が同じ有効成分を使って
短い期間で開発し、製造販売できるためコストが抑えられ、先発医薬品より安く販売できるのですね。

そして
喜ぶのは、患者さんだけではなく、国の医療費負担が抑えられることも期待されています。

と言う事で、期待が大きいジェネリック医薬品ですが、
有効成分は同じでも、添加物が違うことがあり、(添加物にも特許期間があるので)全く同じものというわけには
いきませんが、品質が向上しているので、自分に合ったジェネリックが見つかればお得ですね。

関連記事

  1. 二日酔いしたくない

  2. 「お薬手帳」は大事!?

  3. 貧血対策

  4. 自分にぴったりなマスクの選び方

  5. 足が冷たい!あっためるには、、、?

  6. 正しい咳の仕方、できていますか?