年末年始の海外旅行

感染症に注意!!

海外旅行において最も感染の危険が高いのは、食べ物や水を介した消化器系の感染症です。
注意点として、
①生水・氷・カットフルーツは避ける
②十分に火の通ったものを選ぶ
ことが主なものです。

また、海外では動物や蚊・マダニなどが媒介する病気が流行していることもあります。
同じく注意点は、
①服装に注意し、必要があれば虫よけ剤を使う
②動物には、むやみに近寄ったり、触らないようにする
ことが重要です。
以下に、代表的なものを挙げます。

生き物による感染症

蚊やマダニなどが媒介するもの
・マラリア(ハマダラカによって感染)
・デング熱(ネッタイシマカやヒトスジシマカによって感染)
・ジカウィルス(シマカ属の蚊によって感染)
など

動物から感染するもの
・鳥インフルエンザ(鳥から感染、人から人へは未確認)
・狂犬病(動物[犬以外でも]から感染、発症するとほぼ100%死亡)
・マーズ(ラクダから?、飛沫感染で人から人へ?)
など

海外では、日本にはない病気がたくさんあります。
また、海外旅行の際には時差・気候の違い等で様々なストレスを受けます。
これらのストレスから、体の免疫力が低下し、病気にかかりやすくなることがあります。

年末年始の休日を利用し、海外旅行を予定されている方は十分注意して下さい。
折角の楽しい旅行ですから、無理のないスケジュールで、考えられる危険を極力排除しましょう!

関連記事

  1. 心に体にヨガ

  2. 医薬品の種類・分類

  3. 手の消毒が推奨されるのは…

  4. 今夜はお鍋にしませんか

  5. ジェネリック医薬品

  6. 保健機能食品って?!