冬の脱水症状

夏なら、汗もかくし喉も乾くし
暑さをしのぐためにアイスや冷たい飲み物などで
水分を摂取する機会が多いでのすが、
冬になると、温かい室内では特に水分を摂ることも減ってしまいがち。

しかし、冬でも、皮膚や呼気から水分はどんどん失われているので
水分補給は必要です。

また、体内の水分が減ると集中力や食欲が低下して
めまいなどの症状が現れたり、脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高まります。

一日に必要な水分量は、成人で1,300mlです。
この量を、一気飲みではなく(笑)、朝起きた時や食事の時、就寝時などに
コップ1杯程度に分けて飲むと丁度良い水分補給になります。

ご存知とおり、アルコールを飲むと、飲んだ量以上に尿として排出して、
結果、脱水状態になってしまいますので逆効果です。

注意していても脱水症状になってしまったら・・・

自覚症状が無いことが多いので、
唇や舌が乾いていたり、尿の量が少ないなと感じたら
経口補水液が効果的です。
電解質が含まれているので、水分と塩分を速やかに補給できます。
それでも改善しなかった時は、
病院で医師の診察を受けてくださいね。

そうならないためにも

意識して水分を摂り、体もお肌も健やかに保ち、冬の脱水症状を防ぎましょう。
今年の冬は、是非お試しください。

関連記事

  1. コロナウイルスでリスクのある薬

  2. カラフル石けんネット

  3. お餅、食べましたか?

  4. ジェネリック医薬品

  5. 検診器具の消毒・レンタルを承ります。

  6. トイレットパーパーが買えなくなる????