小学生のアクティブ・ラーニング

こんにちは。

 

私たちが学生のころは、先生に「自分で考えて、行動できるように」とよく言われたような気がします。

大人になってから実感します。

確かに自分で考えて行動することって、大事なことです、、、

 

今は、小学校の学習に「アクティブ・ラーニング」というものを取り入れる動きもあるんですね。

アクティブ・ラーニングとは、主体的で対話的な深い学びのこと。

先生から促されたまま発表をするのではなく、子どもたちが主体となって対話を通し、考えを深め、自分たちで進めていく。

小さいころから自分で考える力をつけることが大切なんですね。

 

早いところでは、かなり導入がすすんでいる学校もあるようです。

 

教育は、日々進化していますね。

関連記事

  1. 気を緩められない緊急事態宣言解除後

  2. 顕微鏡のレンズ、定期的にクリーニングしていますか?

  3. 世界最古の管楽器

  4. 高齢化社会の今、教育現場でも高齢者の気持ちになれる教材が人気です。

  5. 嬉しかったお言葉

  6. 机の天板の傷で机ごと買い替え NONO! 天板だけ交換できますよ♪