小学生のアクティブ・ラーニング

こんにちは。

 

私たちが学生のころは、先生に「自分で考えて、行動できるように」とよく言われたような気がします。

大人になってから実感します。

確かに自分で考えて行動することって、大事なことです、、、

 

今は、小学校の学習に「アクティブ・ラーニング」というものを取り入れる動きもあるんですね。

アクティブ・ラーニングとは、主体的で対話的な深い学びのこと。

先生から促されたまま発表をするのではなく、子どもたちが主体となって対話を通し、考えを深め、自分たちで進めていく。

小さいころから自分で考える力をつけることが大切なんですね。

 

早いところでは、かなり導入がすすんでいる学校もあるようです。

 

教育は、日々進化していますね。

関連記事

  1. 動物に対する道徳観【シートン動物記 朗読CD】

  2. コミュニケーションの取り方「 ungame 」 【特別支援教材】

  3. 隠れた必須科目?【道徳DVD ネットリテラシー】

  4. ビジュアルコミュニケーション【DVD教材】

  5. 気を緩められない緊急事態宣言解除後

  6. 「予祝」ってなに?