湿布薬の副作用

以前、湿布薬のある副作用が話題になりました。
一見、直接体内に取り込む内服薬の方が人体へ与える影響が
強いように思われますが、皮膚に貼る湿布薬も含有される成分
によっては、内服薬以上に注意が必要です。
さて、その副作用とは・・・

光線過敏症

湿布を貼っただけではかぶれず、湿布を貼った後(剥がした後)に
日光に当たると赤くなることがあります。
これは「ケトプロフェン」という成分を含む湿布で多く見られる
「光線過敏症」という副作用です。
湿布を貼っている時は勿論のこと、剥がした後も紫外線には注意
しなければなりません。
⇒薬の成分は、湿布を剥がした後でも皮膚に残り続けます。
「ケトプロフェン」という成分を含む湿布の説明には「剥がした後も
4週間程度は、貼っていた部分に日光を当てないように」と記載されています。
※「ケトプロフェン」だけでなく、同じような痛み止めの湿布でも
「光線過敏症」が起こることもあります。

どのような医薬品(内服薬でも外用薬でも)であっても、基本的に人体にとっては「異物」です。
良い効果をもたらす反面、使用する環境によっては悪影響を及ぼすこともあります。
月並みな言い方ですが、
医薬品を使用する際は、用法・用量を守って正しくお使い下さい。
を忘れずに・・・

関連記事

  1. 消毒用アルコール

  2. 二日酔いしたくない

  3. マスクと手指消毒液はどこへ

  4. 痛い「ささくれ」 冬に多いのはなぜ?

  5. 冬の脱水症状

  6. ぱっくんパンダでエチケット上手!

カテゴリー

    最近の記事

    1. 2021.01.25

      お金のお話
    2. 2020.12.14

      バフンウニ