東洋薬(漢方薬)と西洋薬の違い

日頃、お世話になることが多い「薬」。
名前も種類も様々です。
一般的な「薬」は、「東洋薬(漢方薬)」と「西洋薬」にわけることができます。
ここでは、その違いについて簡単に見ていきましょう!

     東洋薬(漢方薬)              西洋薬

東洋薬(漢方薬)は天然の生薬を主成分とし、一つの薬は
原則2種類以上の生薬で構成されています。
多くの成分を含むため、一つの薬で色々な病状に対応する
ことができます。
また、東洋薬(漢方薬)での効果が期待できる病気は、
検査等をしても異常がないのに自覚症状があるというような
病気です。
⇒原因の特定できない慢性の病気、体質がからんだ病気

ほとんどの西洋薬は人工的に合成された物質(成分も一つ)
で構成されています。
東洋薬(漢方)と違い、一つの疾患・症状に強い作用を
示します。
よって、病気の原因が特定でき、原因別の治療が可能な
場合や手術が必要な場合、緊急を要する疾患等には
一般的に西洋医学の方がすぐれた効果を発揮します。

同じ医薬品であっても、両者には上記のような違いがあります。
体質に影響(効果)を与えていくのが「東洋薬(漢方薬)」、症状そのものに効果を発揮するのが「西洋薬」ともいわれます。
いずれにせよ、自身の体の状態を正しく把握し、わからないことがあれば専門家(医師等)に相談することが重要です。

関連記事

  1. 体のメンテナンス

  2. 目の疲れ

  3. 保健機能食品って?!

  4. コロナ疲れしていませんか?

  5. 加湿と保湿

  6. コロナウイルスでリスクのある薬