福祉のシンボルマークいくつ知ってますか?~心のバリアフリー~

実は私は、空港に飛行機を見に行くことが大好きです。乗るのではなく離着陸するジェットをただ見ているだけなんですが気持ちが上がります。

先日、羽田空港に飛行機を見に行ったときに、初めて気付いた「福祉のシンボルマーク」がありました。そのマークは大きな開閉扉のあるトイレに「車椅子マーク」と一緒に並んでいたのですが、私には何を意味しているのかわかりませんでした。たぶん今まで、何度となく見ていたはずなのですが、全く気付いてなかったんです。

そのマークは「オストメイトマーク」というもので、人工肛門・人工膀胱を造設している人のための設備があるトイレにつけられているのだと調べて初めて知りました。

 

 

2020年から、新学習指導要領が実施され、小学校は2020年度、中学校は2021年度に全面実施となりますが、その中でも「道徳の時間」は「特別の教科 道徳科」となり、道徳教育が「教科」として位置付けられます。そのポイントとして文科省は、「答えが一つではない課題に子供たちが道徳的に向き合い、考え、議論する道徳教育への転換により児童生徒の道徳性を育む」と記しています。

いじめの問題もそうですが、社会の中での「障害者理解教育」や「心のバリアフリーのための交流・共同学習」などでの相互理解や寛容ということも学びの方針のひとつです。普段私達は知らぬ間に「福祉のシンボルカード」と接触しまた、車椅子や杖を使っている人と何度となくすれ違っているはずです。ところが一体いくつのマークをきちんと理解できているでしょうか?

子供たちが社会の取り組みなどに興味や関心を持ち「自主的に学習する」きっかけになるための教材があります。自然と自ら進んで行動できるよう「心のバリアフリー」をテーマにしたDVDとシンボルカードの付いた教材です。先生方の事前準備や資料作成などの手間なく、授業を進行できますので、おすすめさせて頂きます。

~スクラボ小学校P1076/スクラボ中学校P964掲載~

【心のバリアフリー教材セット 613-758】 定価18600円 (カタログ掲載頁に使い方の動画QRコードがあります!)

 

 

 

関連記事

  1. 水の大切さと環境を考える【上下水道教材DVD】

  2. SST

  3. 気を緩められない緊急事態宣言解除後

  4. 肩ミノ、いえいえ焼肉ではありません。『カタミノ』教材なんです。

  5. 人間関係を育む遊び【サイコロジーゲーム】

  6. 「難しい古典」を「楽しい古典に」【アニメ古典文学館】