副作用にご用心

空気も乾燥して朝晩が肌寒くなってくると、風邪が流行りだしますね。
風邪には、熱や頭痛、鼻みず・鼻づまり、咳、喉の痛みなどの辛い症状がありますが
お薬は、総合感冒薬より一番辛い症状に合わせて使用すると副作用を軽減できます。

漢方薬は自然由来で、身体にやさしく副作用もないと思いがちですが
植物のアレルギーもあるし、副作用も勿論あります。
新薬、漢方薬のどちらを選択しても自分の体質に合ったものを選ぶことが大切です。
あくまでも免疫力の補助、辛い症状の緩和として。

また、一度使用して湿疹や痒み、動悸やむくみ、目のかすみなどの
酷い副作用が出たことのある薬は、おくすり手帳などに書き留めて
2度と使用しないことも重要です。

風邪のひき始めには葛根湯。これは有名ですが、長引く風邪には柴胡桂枝湯など
風邪の症状に合わせて漢方薬も沢山あるため、持病やアレルギーと現在の症状を
医師や薬剤師に伝えることが、酷くならずに1日も早く完治させることができます。

関連記事

  1. インフルエンザの感染経路

  2. 免疫アップにおすすめ!

  3. 絆創膏の使い方

  4. 「お薬手帳」は大事!?

  5. 目の疲れ

  6. 明日の自分のつくり方

カテゴリー

    最近の記事

    1. 2021.01.25

      お金のお話
    2. 2020.12.14

      バフンウニ