医薬品の用法・用量とは・・・

以前、医薬品の分類について説明しましたが、今回は用法・用量に関してです。
簡単に言うと・・・
用法:患者に薬の適正使用を促すための、注意事項を示したもの
用量:文字通り、服用(使用)する量
のことです。

もう少し詳しい説明をすると
用法:
何日分・何回分の薬が処方されているか(服薬日数・回数)
医薬品を使用するタイミング(服薬時点)
どうやって投与するのか(投与経路・部位)

用量:
1日分、1回分、もしくは1日分の投与量と、1日の投与回数
というように示されます。

豆知識
「食前」「食間」「食後」とは?
1.「食前」・・・食事の前の60~30分前
2.「食間」・・・食事から2時間ほど後の空腹時
(食事の最中という意味ではありません)
3.「食後」・・・食事のあとの30分以内

医薬品には、原則上記のような「用法」「用量」が定められています。
これは、その医薬品を安全に適正に使用するための基準です。
よって、いくら症状を早く治したいからといって、定められた「用法」「用量」を超えて使用してはいけません。
⇒かえって、症状が悪化することもあります。
また、そんなに症状が重くないと判断して、量を少なくしたりすることも控えましょう。
定められた「用法」「用量」を守ることが、症状を改善する近道です。

関連記事

  1. 行事にお役立ち!サンワの救急バッグ

  2. セルフメディケーションという考え方

  3. まだまだ暑い残暑!熱中症対策品 「キリラ」のおすすめ

  4. 医薬品の種類・分類

  5. 正しい手洗い、できていますか?

  6. 文化祭シーズンの感染予防対策に!「メディシュッシュ」