医薬品の種類・分類

医薬品には種類がある

医薬品には色々な種類があります。
病院で処方される薬・ドラッグストア等で購入できるものなどなど・・・
ここでは市販薬の種類・分類について簡単に説明していきます。

 

医薬品(市販薬)の分類

・要指導医薬品
・第1類医薬品
・第2類医薬品
・第3類医薬品

分類

対応する専門家

要指導医薬品

・スイッチ直後医薬品
※医療用医薬品から市販薬に移行(スイッチ)して間もなく、
一般用医薬品としてのリスクが確定していない薬
・劇薬

薬剤師

第1類医薬品
(特にリスクが高いもの)

一部の毛髪用薬など

薬剤師

第2類医薬品
(リスクが比較的高いもの)

かぜ薬・解熱鎮痛薬など

薬剤師
登録販売者

第3類医薬品
(リスクが比較的低いもの)

整腸薬・消化薬・湿布など

薬剤師
登録販売者

弊社では登録販売者が常駐しており、上記分類の内、第2類・第3類医薬品の販売を行なっております。
お薬に関して何かご不明な点があればお気軽にご連絡を・・・

関連記事

  1. 手指消毒のタイミングやコツは?

  2. まだまだ暑い残暑!熱中症対策品 「キリラ」のおすすめ

  3. インフルエンザ

  4. 上手に手洗いできたかな??おててポン!

  5. 保健機能食品って?!

  6. 体のメンテナンス

カテゴリー

    最近の記事

    1. 2020.06.29

      次亜塩素酸水